dip in the pool (agent)

  • 出身地日本 東京都
  • ジャンルJ-POP
  • 活動期間1983年 -
  • メンバー木村達司(key)、甲田益也子(vo.)

dip in the pool

1983年に作/編曲を担当する木村達司(key)と、作詞担当の甲田益也子(vo)が結成した電子音とアコースティックな楽音によるハイブリッドなポップス・デュオ。独特の音楽センスとファッショナブルなヴィジュアルが話題を呼び、86年にイギリスはラフ・トレードよりデヴュー。国内では86年MOON RECORD(現在はワーナーミュージックの1レーベルになっている)よりデビューアルバムをリリース。88年に、丸井のTV-CMに使用されたシングル「Miracle Play(天使の降る夜)」で大きな人気を集めた。
レコーディング参加したミュージシャンは、佐久間正英、清水靖晃,、窪田晴男、富家哲、トニー・レヴィン、ミノ・シネル、モーガン・フィッシャー、ピーター・シェラー(アンビシャス・ラバーズ)、といった個性豊かな実力者ばかりであった。
その後もマイペースに活動を続けながら、甲田益也子が89年に映画『ファンシイダンス』で役者としてもデビューし映画『白痴』で主演、木村達司は他アーティストのプローデュース、アレンジやCM音楽製作等、個々の活動も多彩に展開している。MOON RECORDでアルバム4枚、EPIC SONY (現在のEPIC RECORD)3枚、EAST WORKSでアルバム1枚、98年にはEAST WORKSより作曲及びプロデューサーに、細野晴臣、清水靖晃、テイ・トウワ、ゴンザレス三上、ピーター・シェラー、etc.という豪華な顔ぶれを迎えた甲田益也子のソロアルバムをリリース。その後の活動休止を経て2011年に本格的に再始動、14年ぶりになるアルバム「brown eyes」をリリース。
2013年には木村達司がモーガン・フィッシャー、安田寿之と共にアンビエント・エレクトロニカ・ユニットPortmanteauを結成しファースト・アルバムをリリース。甲田益也子がゲストボーカルとして4曲参加している。

BACK TO LIST